寝ているときに口で呼吸する原因と解消法

公開日: 最終更新日:

睡眠は私たちの健康と生活の質にとって非常に重要です。しかし、寝ているときに口で呼吸することは、様々な健康問題を引き起こす可能性があります。

本記事では、寝ているときに口で呼吸する原因と解消法について、睡眠オタクな作業療法士の視点から詳しく解説します。

口呼吸の原因

  1. 鼻詰まり 鼻詰まりは口呼吸の最も一般的な原因の一つです。アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻中隔湾曲などの状態が鼻詰まりを引き起こし、鼻での呼吸を困難にします。
  2. 扁桃腺肥大 扁桃腺やアデノイドが肥大すると、上気道が狭くなり、鼻呼吸が困難になります。これにより、口呼吸が促進されます。
  3. 筋力低下 舌や口周りの筋力が低下すると、口が自然と開きやすくなり、口呼吸になりがちです。特に高齢者や筋力低下を伴う疾患のある人に多く見られます。
  4. 鼻中隔の異常 鼻中隔湾曲や鼻中隔穿孔などの構造的異常がある場合、鼻呼吸が困難になり、口呼吸が主となります。
  5. アレルギーや環境要因 花粉やホコリ、ペットの毛などのアレルゲンが鼻腔を刺激し、鼻詰まりを引き起こします。また、乾燥した空気や汚染された空気も鼻の通りを悪くし、口呼吸を誘発します。
口呼吸」の写真素材 | 86,354件の無料イラスト画像 | Adobe Stock

口呼吸のリスク

  1. 口腔乾燥症 口で呼吸すると口腔内が乾燥しやすくなり、唾液の分泌が減少します。これにより、虫歯や歯周病のリスクが増加します。
  2. 歯並びの悪化 特に子供の場合、口呼吸が習慣化すると、顎の発達に影響を与え、歯並びが悪くなる可能性があります。
  3. いびきと睡眠時無呼吸症候群 口呼吸は上気道の抵抗を増加させ、いびきや睡眠時無呼吸症候群を引き起こす可能性があります。これらは睡眠の質を低下させ、日中の疲労感を増加させます。
  4. 全身の健康への影響 口呼吸は酸素摂取量を減少させるため、全身の酸素供給が不十分になります。これにより、心血管疾患や代謝異常のリスクが高まる可能性があります。
睡眠時無呼吸症候群イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

口呼吸の解消法

  1. 鼻づまりの治療 アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の治療を行い、鼻の通りを改善することが重要です。抗アレルギー薬やステロイド点鼻薬を使用することがあります。
  2. 扁桃腺やアデノイドの手術 扁桃腺やアデノイドが大きくなっている場合、手術によってこれらを縮小または除去することが効果的です。
  3. 口周りの筋力強化 口周りの筋力を強化するためのエクササイズを行います。例えば、「舌の上下運動」や「口をすぼめて閉じる運動」などがあります。
  4. 正しい呼吸法の習得 日中に鼻呼吸を意識的に行うことで、寝ている間も鼻呼吸を促進することができます。口呼吸防止テープを使用する方法もあります。
  5. 環境の整備 寝室の湿度を適切に保ち、空気清浄機を使用してアレルゲンを除去することが有効です。
  6. 口腔乾燥症の対策 口腔乾燥症の対策として、寝る前に十分な水分補給を行い、加湿器を使用して湿度を保つことが推奨されます。
口呼吸」の写真素材 | 86,354件の無料イラスト画像 | Adobe Stock

医療機関での治療

口呼吸が改善しない場合、医療機関での診断と治療が必要です。耳鼻咽喉科や呼吸器内科の専門医に相談し、適切な治療を受けることが重要です。

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、睡眠ポリグラフ検査(PSG)を受けることが推奨されます。

結論

口呼吸は健康にさまざまな影響を及ぼすため、その原因を理解し、適切な対策を講じることが重要です。鼻詰まりの治療や扁桃腺の手術、筋力強化のエクササイズなど、個々の原因に応じた対応が求められます。また、環境の整備や正しい呼吸法の習得も効果的です。必要に応じて医療機関を受診し、専門的な治療を受けることで、口呼吸を改善し、良質な睡眠を確保しましょう。

よくある質問

Q1: 口呼吸はなぜ夜間に悪化するのでしょうか?

A1: 口呼吸が夜間に悪化する理由はいくつかあります。まず、仰向けに寝ることで重力が鼻腔や咽頭の通路を狭めるため、鼻呼吸が困難になります。

また、夜間は副交感神経が優位になり、鼻粘膜の血管が拡張して鼻詰まりが生じやすくなります。さらに、アレルギーや環境要因(例:乾燥した空気、ダニなど)も夜間の口呼吸を悪化させる一因となります。

Q2: 子供が口呼吸を続けると将来的にどのような影響がありますか?

A2: 子供が長期間にわたって口呼吸を続けると、顔面成長に影響を及ぼす可能性があります。例えば、上顎が狭くなることで歯並びが悪くなったり、顎の発育が不均衡になることがあります。

また、慢性的な口呼吸は睡眠時無呼吸症候群や注意欠陥多動性障害(ADHD)との関連が示唆されており、学業成績や社会的な発達にも影響を与える可能性があります。

Q3: マウステープを使用して口呼吸を防ぐことは安全ですか?

A3: マウステープは夜間の口呼吸を防ぐために使用されることがありますが、安全性には注意が必要です。特に、鼻づまりが原因で口呼吸をしている場合、無理に口を閉じると呼吸困難になるリスクがあります。また、睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合、専門医の指導を受けることが推奨されます。マウステープの使用前には、必ず医療専門家に相談することが重要です。

Q4: 口呼吸が原因で歯肉炎が悪化することはありますか?

A4: 口呼吸は口腔内の乾燥を引き起こし、唾液の分泌が減少します。唾液には抗菌作用があり、歯肉炎や歯周病の予防に重要な役割を果たしています。したがって、口呼吸による乾燥は歯肉炎のリスクを高め、症状を悪化させる可能性があります。定期的な歯科検診と適切な口腔ケアが重要です。

Q5: 口呼吸が原因で起こる喉の痛みを軽減する方法はありますか?

A5: 口呼吸が原因で起こる喉の痛みを軽減するためには、以下の方法が有効です。まず、加湿器を使用して寝室の湿度を保つことで、喉の乾燥を防ぐことができます。また、寝る前に温かい飲み物を摂取することで、喉の潤いを保つことができます。さらに、抗炎症薬や咽頭スプレーを使用することで、喉の炎症を軽減することができます。ただし、これらの方法を試しても改善しない場合は、医療専門家に相談することが推奨されます。

▼睡眠オタOTオススメ記事3選▼

引用文献

  1. American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery. (n.d.). Mouth Breathing. Retrieved from https://www.entnet.org/content/mouth-breathing
  2. Felson, D. T. (1991). The causes and consequences of mouth breathing. Journal of Pediatric Pulmonology, 7(1), 1-4.
  3. Yamaguchi, H., & Sutcliffe, P. (2008). Sleep disordered breathing and daytime function. Sleep Medicine Reviews, 12(6), 429-431.
  4. Guilleminault, C., & Faul, J. L. (2004). Sleep-disordered breathing in children. Annals of Neurology, 56(3), 285-287.
  5. Mayo Clinic. (n.d.). Nasal congestion: Treatments and drugs. Retrieved from https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/nasal-congestion/diagnosis-treatment/drc-20377415

▼シェア拡散にご協力いただけると嬉しいです▼

上部へスクロール