カレーと睡眠の関係について

カレーに含まれるスパイスや成分が睡眠に与える影響について解説します。ターメリックのクルクミンは抗炎症作用があり、睡眠の質を向上させる可能性があります。また、トリプトファンが含まれる食材はメラトニンの合成を助けます。ただし、カレーは消化が重い食品であり、寝る前の摂取は避けるべきです。辛味成分のカプサイシンは一時的に体温を上昇させるため、摂取タイミングには注意が必要です。