ハイプニック・ジャーク:睡眠オタク作業療法士の視点から

ハイプニック・ジャークとは、入眠時に体が突然びくっとする現象です。主にノンレム睡眠の初期段階で発生し、カフェイン摂取、ストレス、不安、運動不足、睡眠不足が影響します。通常は健康に重大なリスクを伴いませんが、頻繁に発生する場合は生活習慣の改善が必要です。適切な対策を取ることで、良質な睡眠を得ることができます。