添加物による睡眠への影響

食品添加物は私たちの食生活に広く浸透していますが、睡眠に悪影響を与える可能性があります。具体的には、添加物は神経伝達物質やホルモンバランス、自律神経系に影響を与え、不眠症や睡眠の質低下を引き起こすことがあります。添加物を避けるためには、自然食品の選択や食品ラベルの確認が重要です。また、摂取後には水分補給、抗酸化食品の摂取、食物繊維の摂取、デトックスハーブティーの利用、適度な運動が効果的です。