小児発達

深い睡眠中の酸素供給不足と脳の成長・発達

注意欠陥多動性障害(ADHD)は注意力の欠如、多動性、衝動性を特徴とします。口呼吸は鼻呼吸が障害されることで、睡眠時無呼吸症候群(OSA)を引き起こし、睡眠の質を低下させます。酸素供給不足により脳の酸素が不足し、認知機能や行動に影響を与えます。早期の診断と治療が重要で、適切な医療介入と睡眠衛生の改善が推奨されます。

ADHDと口呼吸の関係に関する解説

ADHDの子供は口呼吸により睡眠の質が低下し、脳の成長と発達に必要なエネルギーが不足する可能性があります。口呼吸は睡眠時無呼吸症候群(OSA)を引き起こし、酸素供給が不足することで、注意力の低下や行動問題を悪化させます。早期診断と治療が重要であり、睡眠衛生の改善や適切な医療介入が推奨されます。

上部へスクロール