深い睡眠

睡眠の各ステージとそれぞれのステージによる学習、記憶、神経の可塑性について

睡眠はノンレム睡眠(NREM)とレム睡眠(REM)の2つに分けられ、それぞれが学習、記憶、神経の可塑性に重要な役割を果たします。NREM1は浅い睡眠で深い睡眠への準備段階、NREM2は記憶の固定化に関与する睡眠紡錘波と外部刺激からの保護を助けるKコンプレックスが特徴です。NREM3およびNREM4の深い睡眠はシナプスの修復と成長、成長ホルモンの分泌を促進し、REMはシナプスの再構築と情動記憶の処理を行います。

深い睡眠中の酸素供給不足と脳の成長・発達

注意欠陥多動性障害(ADHD)は注意力の欠如、多動性、衝動性を特徴とします。口呼吸は鼻呼吸が障害されることで、睡眠時無呼吸症候群(OSA)を引き起こし、睡眠の質を低下させます。酸素供給不足により脳の酸素が不足し、認知機能や行動に影響を与えます。早期の診断と治療が重要で、適切な医療介入と睡眠衛生の改善が推奨されます。

上部へスクロール