1人暮らし「ベッド=眠る場所」とならない場合

一人暮らしでベッドを眠る場所に限定することが睡眠の質を向上させます。ベッドを仕事や食事に使わず、睡眠専用にすることが重要です。遮光カーテンや耳栓、アイマスクを使い、リラックスできるルーティンを作ることで、脳に「ここは寝る場所」と認識させ、良質な睡眠を得られます。