睡眠と血糖値のバランス:作業療法士が教える健康管理の秘訣

睡眠は血糖値の調整に重要な役割を果たしています。特に、以下の点が血糖管理に直接影響を及ぼします。
ホルモンの役割: 深い睡眠は成長ホルモンを促し、血糖値を安定させます。しかし、睡眠不足はストレスホルモンのコルチゾールを増加させ、血糖値を不安定にすることがあります。
インスリン感受性の調整: 良質な睡眠はインスリン感受性を高め、血糖値の正常化に寄与します。逆に、睡眠不足はインスリン抵抗性を引き起こし、糖尿病のリスクを高める可能性があります。
これらの知見を踏まえると、適切な睡眠は血糖管理だけでなく全体的な健康を促進するためにも非常に重要です。