禁煙の効果

タバコと睡眠の関係:睡眠への影響と禁煙の重要性

タバコは睡眠に悪影響を及ぼします。ニコチンは脳を覚醒させ、寝つきを悪くし、睡眠の質を低下させます。喫煙者は浅い睡眠が多く、深い睡眠やレム睡眠が短くなります。さらに、睡眠時無呼吸症候群(OSA)のリスクが増加し、夜間の覚醒が増えます。これにより日中の眠気や疲労が増します。禁煙すると睡眠の質が改善し、日中の眠気も軽減されます。禁煙はより良い睡眠を得るために重要です。

タバコ上級編☆ニコチンの作用と睡眠ステージ

ニコチンの作用メカニズム ニコチンは中枢神経系の刺激物であり、覚醒を促進する作用があります。喫煙により血中ニコチン濃度が上昇すると、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンやノルエピネフリンの分泌が増加し、覚醒状態が維持さ …

タバコ上級編☆ニコチンの作用と睡眠ステージ もっと読む »

上部へスクロール