顎が痛い!歯ぎしりが引き起こす顎関節症

顎関節症は、顎関節や周囲の筋肉に問題が生じる疾患で、主な原因の一つに歯ぎしり(ブラキシズム)があります。歯ぎしりは、咀嚼筋や顎関節に過度の負荷をかけ、筋肉痛や関節炎を引き起こします。ナイトガードの使用、ストレス管理、適切な睡眠環境の整備が有効な対策です。早期発見と治療が重要で、専門的な診断を受けることが勧められます。