アルコールと睡眠の関係:睡眠オタクな作業療法士が解説

アルコールは一時的にリラックス効果をもたらし寝つきを良くするが、レム睡眠や深いノンレム睡眠の質を低下させるため、長期的には睡眠の質を悪化させる。特に中途覚醒が増え、利尿作用で夜間のトイレ使用が増える。適量の飲酒と就寝前の飲酒を避けることで、これらの影響を最小限に抑えることができる。代替手段として読書や軽いストレッチなども有効。適切な睡眠習慣を維持することが重要である。