高齢者の睡眠

加齢とともにレム睡眠が減少していくことについて

加齢とともにレム睡眠が減少することは、認知機能や感情の調整、免疫機能に影響を及ぼします。高齢者は睡眠構造の変化や慢性疾患、薬物の影響でレム睡眠が減少しやすくなります。これにより、記憶力の低下、感情の不安定、免疫力の低下が見られます。レム睡眠を維持・改善するためには、適切な睡眠衛生や治療法、生活習慣の見直しが重要です。

高齢者の栄養と睡眠

高齢者にとって質の高い睡眠は健康維持に重要です。トリプトファンやメラトニンを含む食品(七面鳥、乳製品、タルトチェリーなど)は睡眠を促進します。寝る前にはカフェインやアルコール、高脂肪食品を避けましょう。マグネシウムやバレリアンルートのサプリメントも有効です。また、日中の適切な水分摂取が夜間の頻尿を防ぎ、良質な睡眠をサポートします。

タグ

高齢者の昼寝の取り方-睡眠オタOTのオススメ方法-

高齢者の昼寝は、疲労回復や認知機能向上に効果的ですが、時間帯と長さを適切に管理することが重要です。午後1時から3時の間に20〜30分の昼寝が最適で、長時間の昼寝は夜間の睡眠に悪影響を及ぼす可能性があります。昼寝後の軽い運動や規則正しい生活リズムも重要です。適切な昼寝で健康と生活の質を向上させましょう。

上部へスクロール