iPhoneと睡眠:現代のデバイスが私たちの睡眠に与える影響

iPhoneのブルーライトはメラトニンの分泌を抑制し、睡眠の質を低下させます。特に就寝前のスマートフォン使用は、睡眠障害の原因となり得ます。ナイトモードやブルーライトカットフィルターを活用し、就寝前のスクリーンタイムを制限することで、これらの影響を最小限に抑えることが可能です。作業療法士として、適切なデジタルデバイスの使用法を患者に教育することが重要です。