メラトニン

最強のサウナ×睡眠-調うための適切な頻度や効果について-

サウナは睡眠改善に有効です。高温環境が血管拡張、発汗、筋肉の弛緩を促し、副交感神経の活性化でリラックス効果をもたらします。サウナ後の体温低下が睡眠の質を向上させ、メラトニンの分泌を促進します。週に2~3回、15~20分のセッションが理想的で、冷却期間や水分補給が重要です。適切に利用することで、質の高い睡眠が得られます。

光療法の効果と方法

光療法は、特定の波長の光を一定期間照射することで体内時計を調整し、睡眠の質を改善する治療法です。朝の光を浴びることで、メラトニンの分泌が抑制され、夜間の深い睡眠が促進されます。季節性情動障害(SAD)や非季節性のうつ病にも効果的で、毎日同じ時間帯に20-30分間光を浴びることが推奨されます。適切な照射方法と継続的な使用が重要です。

納豆と睡眠の驚くべき関係:作業療法士が教える健康睡眠の秘訣

納豆が睡眠に与える影響について解説します。納豆に含まれるトリプトファンとビタミンB群は、セロトニンとメラトニンの生成を促進し、睡眠の質を向上させます。また、ナットウキナーゼが血流を改善し、深い睡眠をサポートします。納豆を夕食に取り入れることで、良質な睡眠が期待できます。納豆が苦手な方には、キムチやヨーグルトなどの発酵食品をおすすめします。

上部へスクロール