レム睡眠

加齢とともにレム睡眠が減少していくことについて

加齢とともにレム睡眠が減少することは、認知機能や感情の調整、免疫機能に影響を及ぼします。高齢者は睡眠構造の変化や慢性疾患、薬物の影響でレム睡眠が減少しやすくなります。これにより、記憶力の低下、感情の不安定、免疫力の低下が見られます。レム睡眠を維持・改善するためには、適切な睡眠衛生や治療法、生活習慣の見直しが重要です。

デフォルトモードネットワークと睡眠の深い関係

デフォルトモードネットワーク(DMN)は脳の休息時に活性化し、内省や記憶再生に関与します。特にレム睡眠で活発化し、創造的思考を促進。睡眠不足はDMN機能不全を引き起こし、注意力低下や感情不安定、記憶問題を引き起こします。良質な睡眠がDMNの健康と脳のパフォーマンス向上に重要です。

睡眠の各ステージについて

睡眠のステージについて詳しく解説します。レム睡眠とノンレム睡眠の違いや脳波の役割を知り、質の高い睡眠を手に入れましょう!あなたの睡眠を改善するためのヒントが満載です。詳しくはこちらをクリックしてお読みください。

アルコールと睡眠の関係:睡眠オタクな作業療法士が解説

アルコールは一時的にリラックス効果をもたらし寝つきを良くするが、レム睡眠や深いノンレム睡眠の質を低下させるため、長期的には睡眠の質を悪化させる。特に中途覚醒が増え、利尿作用で夜間のトイレ使用が増える。適量の飲酒と就寝前の飲酒を避けることで、これらの影響を最小限に抑えることができる。代替手段として読書や軽いストレッチなども有効。適切な睡眠習慣を維持することが重要である。

睡眠の各ステージとそれぞれのステージによる学習、記憶、神経の可塑性について

睡眠はノンレム睡眠(NREM)とレム睡眠(REM)の2つに分けられ、それぞれが学習、記憶、神経の可塑性に重要な役割を果たします。NREM1は浅い睡眠で深い睡眠への準備段階、NREM2は記憶の固定化に関与する睡眠紡錘波と外部刺激からの保護を助けるKコンプレックスが特徴です。NREM3およびNREM4の深い睡眠はシナプスの修復と成長、成長ホルモンの分泌を促進し、REMはシナプスの再構築と情動記憶の処理を行います。

上部へスクロール