不登校と睡眠の関連性について:作業療法士の視点から

不登校と睡眠の関連性について、日本の小中学生の不登校率が増加する中、睡眠不足が原因で学校に行く意欲やエネルギーが低下することが多い。作業療法士は、睡眠衛生指導や行動療法を通じて子どもたちの睡眠環境を改善し、不登校を支援する。具体例として、睡眠日誌の記録やリラクゼーション技法の導入が有効である。