高齢者の昼寝の取り方-睡眠オタOTのオススメ方法-

高齢者の昼寝は、疲労回復や認知機能向上に効果的ですが、時間帯と長さを適切に管理することが重要です。午後1時から3時の間に20〜30分の昼寝が最適で、長時間の昼寝は夜間の睡眠に悪影響を及ぼす可能性があります。昼寝後の軽い運動や規則正しい生活リズムも重要です。適切な昼寝で健康と生活の質を向上させましょう。