湿度と睡眠の質:深い休息を得るための環境調整

睡眠中の理想的な室内湿度は40%から60%です。この範囲で湿度を保つことは、睡眠中の体温調節を助け、快適な睡眠を促進します。高すぎる湿度は体の熱放散を阻害し、寝苦しさを感じる原因となります。逆に湿度が低すぎると、空気が乾燥し、喉や鼻の粘膜の乾燥を引き起こすため、睡眠の質が低下します。