コーヒーと睡眠の関係-睡眠オタクなOTの視点-

公開日: 最終更新日:

▼YouTubeで簡単に解説▼

コーヒーと睡眠の関係は、コーヒーに含まれる主要な刺激物質であるカフェインによって大きく影響を受けます。

カフェインは中枢神経系の刺激剤であり、アデノシン受容体の拮抗剤として作用します。アデノシンは自然に体内で生成される化学物質で、神経活動を抑制し、睡眠を促進する作用があります。

カフェインがアデノシン受容体に結合すると、この睡眠促進作用が阻害され、覚醒状態が延長されます。

カフェインの生理的影響

カフェインは、摂取後約15分で血中濃度が上昇し始め、その効果は約30分から60分で最高に達します。

カフェインの生体内での半減期は、成人で約3から5時間ですが、これは個人の代謝速度や肝機能の状態、更には妊娠状態や他の医薬品の使用状況によって異なります

▼カフェイン含有量▼

飲料・食品サービングサイズカフェイン含有量 (mg)
コーヒー (ドリップ式)1カップ (240 ml)約95-200
エスプレッソ1ショット (30 ml)約63
インスタントコーヒー1カップ (240 ml)約30-90
紅茶1カップ (240 ml)約40-70
緑茶1カップ (240 ml)約20-45
コーラ1缶 (355 ml)約35-50
エナジードリンク1缶 (250 ml)約80-150
チョコレートバー1バー (30-50 g)約5-30
デカフェコーヒー1カップ (240 ml)約2-5

この表は、各飲料や食品に含まれるカフェインの量です。特にコーヒーのカフェイン含有量は、その調理方法や豆の種類によって大きく変わることがわかります。

睡眠への影響

  1. 睡眠の潜時短縮: カフェインは入眠までの時間を延長させることがあります。
  2. 睡眠の断片化: 睡眠中の覚醒回数が増えることが知られており、睡眠の質を低下させる可能性があります。
  3. レム睡眠とノンレム睡眠の変動: 特にレム睡眠の割合が減少する傾向にあります。レム睡眠は記憶の固定や学習に重要な役割を果たしているため、カフェインによる影響は認知機能にも波及する可能性があります。

用量依存性

カフェインの摂取量が多いほど、これらの睡眠障害のリスクは高まります。また、日中のカフェイン摂取も夜間の睡眠に影響を及ぼすため、カフェインを含む飲料の摂取は早めの時間帯に制限することが推奨されます。

カフェインの半減期

カフェインの半減期とは、体内でカフェインの濃度が半分になるのに要する時間を指します。一般的に、カフェインの半減期は成人で約3から5時間とされていますが、この時間は個人の代謝速度や体質、さらには外的要因によって異なる場合があります。

代謝速度の影響

  1. 肝臓の機能: カフェインは主に肝臓で代謝されます。肝機能が健康な人ではカフェインの分解が早く進むため、半減期が短くなることがあります。
  2. 遺伝的要因: CYP1A2遺伝子はカフェインの代謝を司る酵素の活性に影響を与えます。この遺伝子の変異によって、カフェインの代謝速度が速い人と遅い人がいます。

生活習慣とその他の要因

  1. 喫煙: 喫煙者は非喫煙者に比べてカフェインの代謝が早く、半減期が短くなる傾向があります。
  2. 妊娠: 妊娠中の女性はカフェインの代謝が遅くなり、その半減期が長くなることが多いです。特に妊娠後期にはさらに長くなることが報告されています。
  3. 薬物相互作用: 一部の薬物はカフェインの代謝を遅らせることがあり、その結果、カフェインの体内滞在時間が長くなります。

年齢の影響

高齢者: 高齢者は若年者に比べて全体的に代謝機能が低下しているため、カフェインの半減期が長くなることがあります。

個々の感受性

遺伝的要因もカフェインの影響に大きく寄与します。例えば、CYP1A2遺伝子はカフェインの代謝を司る主要な酵素の一つで、この遺伝子のバリアントによってカフェインの代謝速度が人によって異なるため、感受性に個人差が生じます。

医療的観点からの推奨

カフェインの摂取は個々の生理的および遺伝的特性を考慮に入れつつ、適切な時間帯に適切な量で行うことが重要です。

特に睡眠障害を抱えている人々や、特定の健康状態にある人々に対しては、医師や専門家と相談の上、カフェイン摂取のガイドラインを設定することが推奨されます。

よくある質問

Q1: コーヒーを飲むとなぜ眠れなくなるのですか?

A1: コーヒーに含まれるカフェインが中枢神経系を刺激し、アデノシンという自然な睡眠誘発物質の作用を阻害するためです。アデノシンの作用が抑えられると、脳が覚醒状態を維持し、入眠が困難になります(Fredholm, B.B., et al. Pharmacol. Rev., 1999)。

Q2: 寝る何時間前にはコーヒーを避けるべきですか?

A2: 一般的に、睡眠の質を損なわないためには、就寝の6時間前までにカフェインの摂取を控えることが推奨されます。カフェインの生体内半減期が約3〜5時間であるため、睡眠時間に影響を与えないように調整することが重要です(Drake, C., et al., Journal of Clinical Sleep Medicine, 2013)。

Q3: コーヒーの代わりにカフェインレスコーヒーを飲んでも同じですか?

A3: カフェインレスコーヒーは通常のコーヒーよりもカフェイン含有量が大幅に少ないため、睡眠への影響も軽減されます。ただし、完全にカフェインがゼロではないため、非常に敏感な人は少量でも影響を受けることがあります(McCusker, R.R., et al., Journal of Analytical Toxicology, 2006)。

Q4: 日中にコーヒーを飲むことで夜間の睡眠に影響はありますか?

A4: はい、カフェインは長時間体内に留まることがありますので、日中に大量にコーヒーを飲むと、夜間の睡眠に影響を及ぼす可能性があります。カフェインの摂取は早めの時間に控え、夕方以降は避けるのが望ましいです(Wright, K.P., et al., Sleep Medicine Reviews, 2014)。

Q5: コーヒーを飲むと夢をよく見るのはなぜですか?

A5: コーヒー(カフェイン)の摂取がレム睡眠のパターンを変化させるためです。カフェインによってレム睡眠の周期が短くなるか、その到達が遅れることがあります。レム睡眠は夢を見るフェーズなので、そのバランスが変わると夢の経験に影響を与えることがあります(Roehrs, T. and Roth, T., Sleep Medicine Reviews, 2008)。

▼睡眠オタOTオススメ記事3選▼

▼シェア拡散にご協力いただけると嬉しいです▼

上部へスクロール