歯ぎしりをどうにかしたい!夜中に歯を強く噛む癖の改善方法-睡眠オタOTの視点-

公開日: 最終更新日:

はじめに

夜中に歯を強く噛む、つまり「歯ぎしり(ブラキシズム)」は、睡眠中に歯を強く噛み締める無意識の行動です。

この行動は、歯の摩耗、顎関節症、頭痛、さらには睡眠の質の低下など、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

ここでは、歯ぎしりの原因とその改善方法について、睡眠オタクな作業療法士の視点から詳しく解説します。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因は複数あり、以下の要因が考えられます。

まず、ストレスと不安が挙げられます。ストレスや不安は、筋緊張を引き起こし、睡眠中の無意識の歯ぎしりを促進します。精神的な緊張が増すと、睡眠中のリラクゼーションが妨げられ、ブラキシズムが生じやすくなります。

次に、不正咬合(オクルージョンの不一致)です。上下の歯のかみ合わせが悪いと、歯ぎしりが発生しやすくなります。不正咬合は、顎関節の負担を増加させ、結果的に歯ぎしりを誘発します。

さらに、生活習慣も影響を与えます。例えば、カフェインやアルコールの摂取は、歯ぎしりを悪化させることがあります。また、喫煙もリスクを高める要因の一つです。

歯ぎしりイラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

歯ぎしりの改善方法

歯ぎしりを改善するためには、以下の方法が有効です。

まず、ストレス管理が重要です。リラクゼーション技法やストレス解消法を取り入れることで、歯ぎしりの頻度を減少させることができます。

例えば、ヨガや瞑想、深呼吸法などが有効です。これらの技法は、精神的なリラクゼーションを促進し、睡眠の質を向上させます。

次に、歯科医師による治療があります。歯ぎしりの影響を軽減するために、マウスガード(ナイトガード)の使用が推奨されます。ナイトガードは、歯の摩耗を防ぎ、顎関節への負担を軽減します。

また、必要に応じて歯科矯正治療を行い、不正咬合を改善することも有効です。

さらに、生活習慣の改善も重要です。カフェインやアルコールの摂取を控えることで、歯ぎしりのリスクを減少させることができます。

また、禁煙も推奨されます。喫煙は、口腔内の筋緊張を引き起こし、歯ぎしりを悪化させる可能性があります。

▼嗜好品×睡眠の関係シリーズ▼

睡眠環境の整備

睡眠環境の整備も歯ぎしりの改善に役立ちます。静かな環境で寝ることは、リラックスした状態での睡眠を促進します。

また、適切な枕やマットレスの選択も重要です。例えば、首や肩の緊張を軽減するために、サポート力のある枕を使用すると良いでしょう。

適切な治療法の選択

適切な治療法を選択するためには、歯科医師や医療専門家の指導を受けることが重要です。専門家の診断を受け、適切な治療計画を立てることで、効果的な改善が期待できます。

また、必要に応じて心理療法士やカウンセラーの支援を受けることも有効です。

まとめ

夜中に歯を強く噛む癖、つまり歯ぎしりは、さまざまな要因によって引き起こされますが、適切な管理と治療によって改善することが可能です。

ストレス管理、歯科医師による治療、生活習慣の改善、睡眠環境の整備など、総合的なアプローチが必要です。医療専門家の指導を受けながら、効果的な対策を講じて、健康な睡眠を取り戻しましょう。

よくある質問

質問1: 歯ぎしりの初期症状にはどのようなものがありますか?

回答: 歯ぎしりの初期症状には、朝起きたときの顎の筋肉の痛みや疲労感、歯の異常な摩耗、顎関節からのクリック音や痛み、頭痛などが挙げられます。また、歯の表面に小さな亀裂やチッピングが見られることもあります。これらの症状が現れた場合、早期の歯科受診が推奨されます。

質問2: マウスガードの装着による副作用はありますか?

回答: マウスガードの装着により、一部の人では唾液の増加や、初期の違和感が生じることがあります。しかし、これらの副作用は通常、数日から数週間で解消されます。適切にフィットするマウスガードを選ぶことで、これらの副作用を最小限に抑えることができます。長期的には、マウスガードの使用によって歯の摩耗や顎関節への負担が軽減されるため、健康に寄与します。

質問3: 歯ぎしりが原因で顎関節症になった場合の治療法は何ですか?

回答: 歯ぎしりが原因で顎関節症が発症した場合、治療法には物理療法、薬物療法、さらには手術が含まれます。物理療法では、マッサージやストレッチング、超音波療法などが行われます。薬物療法には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や筋弛緩薬が使用されます。重度の場合、関節鏡視下手術や顎関節置換術が考慮されることもあります。

質問4: 歯ぎしりは子供にも発生しますか?

回答: はい、歯ぎしりは子供にも発生します。特に成長期の子供は、乳歯から永久歯への移行期に歯ぎしりが見られることがあります。ストレスや不安、咬合の変化が原因となることが多いです。子供の歯ぎしりが続く場合は、歯科医師に相談し、適切な対応を検討することが重要です。場合によっては、マウスガードの装着や生活習慣の改善が必要です。

質問5: 歯ぎしりが原因で歯の神経に影響が出ることはありますか?

回答: 歯ぎしりが原因で長期間にわたって歯の摩耗が進行すると、歯の神経(歯髄)にダメージを与える可能性があります。歯の摩耗によって歯髄が露出すると、痛みや感覚過敏が生じることがあります。最悪の場合、歯髄炎や歯髄壊死が発生し、根管治療が必要になることもあります。早期の歯ぎしりの管理と治療が、歯の健康を守るために重要です。

引用文献

  1. Lobbezoo F, Ahlberg J, Glaros AG, et al. Bruxism defined and graded: an international consensus. J Oral Rehabil. 2013 Jan;40(1):2-23.
  2. Manfredini D, Winocur E, Guarda-Nardini L, et al. Epidemiology of bruxism in adults: a systematic review of the literature. J Orofac Pain. 2013 Spring;27(2):99-110.
  3. Kato T, Thie NM, Huynh N, et al. Sleep bruxism and the role of peripheral sensory influences. J Orofac Pain. 2003 Fall;17(4):191-213.
  4. Nishiyama A, Kino K, Sugisaki M, et al. The role of psychosocial factors in the etiology of bruxism. J Oral Rehabil. 2016 Oct;43(10):737-47.

▼シェア拡散にご協力いただけると嬉しいです▼

上部へスクロール