乳歯の萌出期において、歯肉の腫れや痛みが夜間に強く感じられる理由

乳歯の萌出期における歯肉の痛みが夜間に強く感じられる理由は、副交感神経の優位性、外的刺激の減少、体温の変化、歯の圧力、心理的要因が関係しています。副交感神経が優位になると血流が増加し、痛みが強まります。また、夜間は外的刺激が少なく、痛みに集中しやすいです。体温の上昇や歯の圧力も痛みを増幅します。これらの要因が組み合わさり、夜間に痛みが強く感じられるのです。