日本のGDPと睡眠-睡眠オタOTの解説-

日本のGDPと睡眠は密接に関係しています。睡眠不足は生産性の低下を招き、日本経済に年間約15兆円の損失をもたらしています。医師として、患者や社会に対して睡眠の重要性を伝えることが求められます。フレックスタイム制の導入や睡眠教育の推進など、睡眠の質を向上させる取り組みが必要です。質の高い睡眠が労働者の健康と生産性を向上させ、結果的に国全体の経済成長に寄与します。